研究室愛称HUMetについて

北海道大学気象学研究室(Hokkaido University, Laboratory of Meteorology)の頭文字などを繋ぎ合わせたもので、湿潤な状態を表すhumid、人間を意味するhuman、およびユーモアhumorと語感が近く、当研究室の雰囲気を表すに相応しいものです。また、HUMのうしろに続くetはラテン語やフランス語でandを意味することから、andに続く気象学以外の学問分野、北海道大学以外の大学・官公庁・民間企業などが含意され、当研究室が指向する応用研究・産官学連携研究と合致します。以上のことから、当研究室の愛称をHUMetとすることといたしました。

沿革

地球物理学第三講座設置(孫野長治教授、樋口敬二助教授、織笠桂太郎助手)
菊地勝弘助手
樋口敬二助教授転出
菊地勝弘助教授(昇進)
播磨屋敏生助手
孫野長治教授退官
菊地勝弘教授(昇進)
播磨屋敏生助教授(昇進)
上田博助教授
遊馬芳雄講師(昇進)
菊地勝弘教授退官
上田博助教授転出
遊馬芳雄講師転出 気象学研究室閉室
気象学研究室設置(稲津將教授)
佐藤陽祐特任准教授(寄附分野・北海道気象予測技術分野(北海道気象技術センター))着任